日本でイースターを楽しむために必要なグッズ選びのポイント

TOP > イースターのグッズのお得情報 > 日本でイースターを楽しむために必要なグッズ選びのポイント

日本でイースターを楽しむために必要なグッズ選びのポイント

イースターはキリスト教のお祭りの一つで、日本語では復活祭と訳されます。
処刑されたキリストが復活したことを祝う祭りであり、キリスト教では最も重要な日として位置づけられています。
現在では一般的ではない太陰暦に沿って開催日が決まるため、年によって日が変わるのが大きな特徴です。
数日のずれはありますが、殆どの場合でイースターは4月に行われています。
イースターのお祭りはキリスト教が普及している国においては誰でも参加する、由緒あるお祭りと認識されています。
特にアメリカではハロウィンと並び、子供たちの一大イベントとしての側面も併せ持っているのが特徴です。
イースターはウサギが生命の誕生と復活の象徴である卵を隠し、その卵を見つけると幸運が訪れるとされています。
そのため、カラフルに彩色された卵を隠し、宝探しのように子供たちに探させるのが一般的な楽しみ方です。


キリスト教が普及している国では普通に行われるイースターのお祭りですが、クリスマスやハロウィンが国民的な行事になっている日本では知名度が低いのが現状です。
その一方で近年になってイースターを日本でも祝う向きが進んでいることから、様々なグッズが販売されています。
イースター向けのグッズは象徴的なアイテムである卵をモチーフにした物が多くを占める他、卵を隠したウサギやキリスト教のシンボルである十字架をかたどったグッズも作られています。
しかし、イースターのお祭りが行われる4月は日本において桜が開花する時期でもあることから花見を優先する人が多く、他のキリスト教に関わるお祭りと比べると盛り上がりに欠けるのが問題です。
商業的なイメージも高くないことから、日本でイースター用のグッズを購入するのは難しい傾向があります。


イースターのお祭りで使われる彩色された卵は手作りの物を使うのが普通です。
親子や友人同士でそれぞれが作った卵を見つけることで交流を深める目的があります。
日本ではイースターの知名度が低いことから関連グッズの数が少ないのが現状ですが、その状況を逆手にとることでお手製のイースターグッズを使う楽しみを堪能出来る利点もあります。
イースターグッズを自分で作る際はモチーフを決めたうえで材料を選ぶのが満足出来る仕上がりにするためのポイントです。
また、卵への彩色やお菓子作りについては口に入れる物なので衛生管理に細心の注意を払う必要があります。
現在では日本でもイースターに関係する情報を書籍やインターネットで調べることが出来るようになっているので、質が高いグッズを完成させることが可能です。

次の記事へ