不動産売却にあたって

不動産売却と必要書類

不動産を売却する際の必要書類

不動産売却の際の必要書類は、次のとおりです。◎登記済証物件を登記した時に法務省から交付された書類です。◎身分証明書免許証など。◎実印◎印鑑証明書有効期限は3ヶ月です。◎固定資産税評価証明書、固定資産税納税通知書◎ローン残高証明書ローン返済中なら必要になります。◎住民票登記上の住所と現住所が違う場合、必要になります。◎境界確認書境界や面積が確定していない場合は、確定測量図を作成します。◎建築確認済証、検査済証建築基準法に適合していることを示す書類です。◎建築設計図書、工事記録等◎耐震診断報告書新耐震基準導入前の建物の場合は、あるのが望ましい書類です。◎管理規約書・使用細則不動産の場合、必要です。

不動産の売却には必要となる書類がたくさんありますが、その物件が一戸建てか、マンションか、土地かによって少し異なります。土地の場合の必要書類は、以下のとおりです。身分証明書、実印、印鑑証明書、登記済権利証か登記識別情報、固定資産税の納税通知書か評価証明書は確実に必要になります。もし手元にあれば、土地測量図面、建築確認済証か検査済証、購入時の販売資料も準備しておくと良いでしょう。さらに、現住所と登記上の住所が違う場合には、住民票も必要になります。それに加え、住宅ローンを利用している最中の場合は、ローン残高証明書やローン返済予定表が必要になります。そして、もし不動産抵当権を持っている場合は、抹消書類も必要になります。